皆さんカムカムってご存知ですか? カムカムとは、数年前から流行り始めたスーパフードなんです。

このブラジル発のスーパースターフルーツ、カムカムは、その強力な抗酸化特性を生かした健康補助食品として、最近ますます人気が高まっているんです。

主にこのカムカムはペルー、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、アマゾンの熱帯雨林の浸水地域で育ちます。葉っぱは薬用に用いられ、その果実はサクランボをひとまわり大きくした感じで、色は赤くビタミンCの含有量が飛びぬけているんです。

またこのカムカムはダイエットに最適なうえ抗ウイルス特性を持つため風の予防に有効なんです。

近年ハリウッドセレブの間で美容効果やアンチエイジング効果が期待できることから取り入れられたことから、一般でも親しまれ始めたんです。

今回はこのスーパフード「カムカム」を検証します。

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント

  1. カムカムってどんなフルーツ?
  2. カムカムの栄養成分と効果
  3. カムカムの成分エラグ酸の抗がん作用
  4. カムカムに含まれる没食子酸の効果
  5. カムカムの食べ方と注意点
  6. カムカムはこんな人におススメ
  7. カムカムのまとめ

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント①
カムカムってどんな果物?

カムカムの大きさはサクランボをひとまわり大きくした感じで、かなり酸っぱい果実なんです。原産地はペルーで、アマゾン川流域の熱帯雨林で水辺に育ち、フトモモ科の常緑低木です。

カムカムの名前の由来は水に落ちたカムカムの実を魚が食べる音から来ているらしいんです。

アサイーダイエット(アサイーオイル)効果は?副作用は?7つのポイント

スーパーフード「ビーツ」食べる輸血効能とダイエット7つのポイント

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント

赤ワインの成分タンニンの美容と健康、ダイエット効果7つのポイント

ケール痩せるメニュー(レンチンケールチップス)10日で3キロ減7つのポイント

生姜ココアダイエット効果2週間でマイナス5キロ7つのポイント

生姜をレンチン(レンジでチン)ダイエット2週間で激痩せ効果7つの理由

ルイボスティーの効果、効能、花粉症予防、副作用は?8つのポイント

コンブチャダイエット60日で4キロ減その6つのポイント

 

 

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント②
カムカムの栄養成分と効果

ビタミンC

カムカムなは、ビタミンCがぎっしり詰まっています、その含有量はレモン果汁の60倍もあるんです!カムカムの粉末小さじ一杯程で成人が必要なビタミンC量のほとんどを摂取できるほどなんです。

なぜこんなにビタミンCの含有量が多いかというとカムカムがマングローブのように水中に根を伸ばすことができるためアマゾンの雨季に水中に含まれるビタミンCなどの養分を直接吸収できるためと言われています。

バリン

バリンは必須アミノ酸の一種で。私たちの体では生成できません、バリンの作用としては疲労の回復効果や筋肉の破壊を防止する機能が血中の窒素のバランスを保つ機能があります。

カリウム

カリウムには心臓や筋肉の機能を調整してくれます。またナトリウムを効率よく排出してくれる機能があります。

ロイシン

ロイシンは必須アミノ酸の1つで筋肉や骨組織の成長と回復と成長ホルモンの生産してくれる効果があります。

セリン

セリンとは非必須アミノ酸の1種シルクプロテイン(上質な絹から発見された天然プロテイン)で美白や美肌効果およびアルツハイマーの防止にも役立ちます。

フラボノイド

カムカムには、いくつかの異なるフラボノイドを保有しています、フラボノイドはポリフェノールの一種で、主に有害な活性酸素を中和する抗酸化物質として体内で機能するんです。

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント③
カムカムの成分エラグ酸の抗がん作用

エラグ酸

エラグ酸とは近年発見されたポリフェノールの一種で、ハリウッドセレブの間で美容効果やアンチエイジング効果に優れた成分として注目されたことから日本でも知られることになったんです。このエラグ酸は体内の酸化ストレスの軽減に作用する効果が期待されていて抗癌性と抗酸化性を有しているのではないかと研究が進められているんです。

エラグ酸を多く含む食品

  • カムカム
  • ブラックベリー
  • ラズベリー
  • イチゴ
  • クランベリー
  • クルミ
  • ペカン
  • ザクロ
  • クコ

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント④
カムカムに含まれる没食子酸の効果

没食子酸の効果としては、糖質や脂質などの成分は腸内で分解されることによって体内に吸収され余分な糖質や脂質は体に蓄積され脂肪に変わります、しかしこの没食子酸は糖質や脂質の腸内での吸収をブロックするという作用があるのです。

また、この没食子酸は、抗真菌および抗ウイルス特性を有し、抗酸化物質の代わりとして作用するんです。

没食子酸を多く含む食品

  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • プーアル茶

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント⑤
カムカムの食べ方と注意点

カムカムの食べ方

カムカムに大量に含まれるビタミンCの理想的な摂取方法は、コラーゲンと一緒に摂ることです。美肌や美白、風邪の時の粘膜保護、修復効果が期待されるためです。コラーゲンと一緒に摂取する一番の方法はカムカムのパウダーをゼリーなどにかけて食べるのがよいでしょう。

カムカムを食べる時の注意点

カムカムに大量に含まれるビタミンCは熱に弱い性質を持つため、加熱調理は避けた方がよいでしょう。

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント⑥
カムカムはこんな人におススメ

    • カムカムには感染症を予防や改善する効果があるため風邪をひきやすい方
    • 仕事や社会でストレスを受けやすい方(カムカムのストレスの抵抗力を強化する効果)
    • 美肌・美白を求める方
    • コレステロール値が高い方(ビタミンCやビタミンB2によるコレステロールの軽減効果)
    • 疲労回復効果(クエン酸による乳酸の分解効果)

カムカムでダイエット副作用は?没食子酸、エラグ酸の抗がん作用7つのポイント⑦
カムカムのまとめ

いかがでしたか?ビタミンCやポリフェノールが豊富なカムカム、上手に普段の食事に加えてダイエットや健康維持に役立てましょうね。