amazake

皆さん甘酒ってどんなイメージですか?

お正月や初もうで、ひな祭りの時に飲む!

そんな感じで一年中いつも飲むってイメージじゃないですよね。

でもこの甘酒って飲む点滴って言われるほど健康効果満点なんです。

しかも一見、甘味があるのでカロリー高そうなイメージですが

ダイエットに最適な飲み物だったんです。

最近の研究で癌にも効果があることが分かってきたんです。

この健康効果抜群の甘酒ですが、特に効果が高いのが

米麹を使った甘酒なんです。

今回はこの飲む点滴、米麹甘酒を徹底検証しました。

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果の目次

  1. 米麹甘酒ってどんな飲み物?
  2. 米麹甘酒の成分
  3. 米麹甘酒のダイエット効果
  4. 米麹甘酒の美容効果
  5. 米麹甘酒の健康効果
  6. 米麹甘酒の名店
  7. 米麹甘酒のまとめ

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント①
甘酒ってどんな飲み物?

甘酒の歴史

甘酒の起源はとても古く、日本に現存する最古の歴史書である

日本書紀に天甜酒「あまのたむざけ」という名前で記載されているんです。

これが甘酒の事だと言われています。

その当時は米麹を使用したのではなく、蒸した米をひとまず口に含んでから

容器に戻し、口の中の酵素の力で発酵させ甘酒を作っていたと考えられています。

これは口噛み酒と言う製法で、現在でもアフリカや東南アジアの一部で、

この製法でお酒が造られています。

それが平安時代に入り米麹を使った製法に変わり、

貴族の間で飲まれるようになり

その後、鎌倉時代から江戸時代にかけて庶民が飲める一般的な飲み物として

親しまれるようになったのです。

甘酒の種類

甘酒には酒粕から作られるタイプと、米麹から作るタイプに分類されます。

酒粕から作るタイプは酒粕と砂糖、塩、水を使って作ります。

この材料を鍋にかけ混ぜ合わせるだけで完成です。

このため酒粕を使った甘酒にはアルコールが含まれます。

一方米麹を使った甘酒は米麹と米と水を使い50度ほどの温度で

8時間くらい発酵させ米麹の酵素「アミラーゼ」の効果で

デンプンを糖化させて甘味を出しているのです。

甘酒ってどんな味?

米麹で作った甘酒は砂糖の甘さとは違う

柔らかいさっぱりした甘さって言われます。

一方酒粕で作った甘酒はアルコールも入っていますし

お酒の味プラス砂糖の甘さって感じですかね。

子供にはアルコールの入っていない米麹甘酒がお勧めです。

甘酒にアルコール入ってる?

甘酒にはアルコールが入っていないって聞いたことがある人がいるかもしれませんが、

甘酒の種類によってアルコールが入っているものがあるんです。

  • 米麹を使った甘酒 アルコール 0パーセント
  • 酒粕を使った甘酒 アルコール 最大8パーセント

米麹を使った甘酒は米のデンプンをアルコールではなく糖質に変えているので

アルコールは0パーセントになります。

(日本酒は米のデンプンを発酵によってアルコールに変えてるんです)

一方酒粕を使った甘酒はもともと酒粕にアルコールが含まれていますので

酒粕の分量にもよりますが最大8パーセント程度のアルコール度数

になる場合があります。

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント②
米麹甘酒の成分

100 gあたりの栄養価
エネルギー 339 kJ (81 kcal)
炭水化物
18.3g
食物繊維 0.4g
脂肪
0.1g
飽和脂肪酸 0 g
一価不飽和脂肪酸 0 g
多価不飽和脂肪酸 0 g
タンパク質
1.7g
ビタミン
ビタミンA相当量 (0%) 0 μg
チアミン (B1) (1%) 0.01 mg
リボフラビン (B2) (3%) 0.03 mg
ナイアシン (B3) (1%) 0.2 mg
パントテン酸 (B5)
(0%) 0 mg
葉酸 (B9) (2%) 8 μg
ビタミンC (0%) 0 mg
ビタミンD (0%) 0 μg
ビタミンE (0%) 0 mg
ビタミンK (0%) 0 μg
ミネラル
ナトリウム (4%) 60 mg
カリウム (0%) 14 mg
カルシウム (0%) 3 mg
マグネシウム (1%) 5 mg
リン (3%) 21 mg
鉄分 (1%) 0.1 mg
亜鉛 (3%) 0.3 mg
他の成分
水分 79.7g

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント③
米麹甘酒のダイエット効果

甘酒ってカロリー高いんじゃ

甘酒のカロリーって気になりますよね、

米麹甘酒ののカロリーは100グラムあたり81キロカロリーで

  • 酒粕甘酒100グラムあたり227キロカロリー
  • 白米100グラムあたり356キロカロリー
  • 豆乳100グラムあたり128キロカロリー
  • 日本酒100グラムあたり104キロカロリー

と、白米や他の飲料と比べても高くなくダイエットに適した飲料といえます。

甘酒のビタミンB群の働き

甘酒にはビタミンB群が豊富に含まれています

このビタミンB群は体に脂肪がため込まれるのを防ぐビタミンと言われます。

甘酒に含まれるビタミンB群体の代謝機能を高め

体に入った脂質や糖質を効率よく分解して脂肪になるのを防いでくれるんです。

腸内環境を改善してダイエット

甘酒には植物性乳酸菌が豊富に含まれています

この植物性乳酸菌はヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌と比べ

腸に到達する確率が劇的に良いのです。

このおかげで腸内環境を整え痩せやすい体を作ってくれるのです。

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント④
米麹甘酒の美容効果

甘酒のビタミンB群の美容効果

米麹甘酒に含まれるビタミンB群はダイエットだけではなく

美容効果も抜群なんです。

ビタミンB群は肌の粘膜などを保護し美肌作りをサポートする効果があり

しかもコラーゲンの生成をサポートする働きをするビタミンCを助ける働きをするんです。

シミや美白に効果的と言われているコウジ酸

米麹甘酒は米麹を原料として使っているのでコウジ酸を豊富に含んでいます。

このコウジ酸には

  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗糖化作用

がありシミを消してくれたり肌を白くしてくれる(美白)効果があるんです

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント⑤
米麹甘酒の健康効果

必須アミノ酸を豊富に含み、飲む点滴と呼ばれるほどの健康効果

必須アミノ酸は20種類ありますこの20種類の中で

人体で作り出すことのできないものが9種類あるんです。

その9種類が

  • ロイシン
  • バリン
  • イソロイシン
  • トレオニン
  • ヒスチジン
  • フェニルアラミン
  • トリプトファン
  • メチオニン
  • リシン

になります。米麹甘酒にはこの9種類が全部含まれているんです。

まさに飲むサプリ、飲む点滴と言われるゆえんなんです。

3551

主成分アスペラチンの抗がん作用

もともと発酵食品は癌の予防に効果的と言われてきましたが、

米麹甘酒の主成分に、アスペラチンという成分があるんです

このアスペラチンが体の免疫力を高めくれて

癌細胞の増殖を防ぎ癌を改善治療してくれるのです。

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント⑥
米麹甘酒のレシピ

用意するもの

  • ヨーグルトメーカー
  • 米麹150グラム
  • ご飯(出来ればおかゆ)茶碗一杯
  • 50度のお湯500cc

ヨーグルトメーカー(健康三役さん)の容器にあらかじめ細かく砕いておいた米麹150グラムを入れ

ご飯茶碗一杯を入れます。

image

image

最後に50度に温めたお湯を注ぎ良くかき混ぜます。

ヨーグルトメーカー(健康三役さん)のスイッチを入れ50度前後で保温します。

ときどきかき混ぜ10時間ほどで出来上がりです。

※ヨーグルトメーカーは健康三役さん以外でも50度前後で温められるものであれば大丈夫です。

米麹甘酒ダイエットのレシピと効果30日で5キロ減7つのポイント⑦
米麹甘酒のまとめ

何かの行事の時にしか飲まない甘酒ですが、こんなに健康効果抜群なんで

冬はアイスで夏はホットで飲んで疲れや病気を吹き飛ばしましょう。