皆さん赤ワインの成分「タンニン」って知っていますか?

いろんなお酒の種類がある中で赤ワインにだけ含まれている成分「タンニン」

実はこの「タンニン」ポリフェノールの一種で美容、健康、ダイエットに

凄く効く成分なんです。

赤ワインに含まれていて白ワインには含まれていない「タンニン」

実は製造方法の違いに秘密があったんです。

飲み過ぎに注意して適量飲めば、美容、健康、ダイエットなど

あなたの体の内側から劇的に改善してくれるんです。

今回はこの赤ワイン7つのポイントで検証します。

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果の目次

  1. 赤ワインってどんなお酒?
  2. 赤ワインの成分表
  3. 赤ワインの成分「タンニン」とは
  4. 赤ワインの成分「タンニン」のダイエット効果
  5. 赤ワインの成分「タンニン」の美容効果
  6. 「タンニン」摂りすぎても大丈夫?
  7. 赤ワインの成分「タンニン」のまとめ

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果①
赤ワインってどんなお酒?

ワインには赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン

と4種類があります。

赤ワインは醸造のさい主に黒葡萄と呼ばれる葡萄の果実を皮ごと発酵させるため

黒葡萄の皮に含まれるポリフェノールの一種であるタンニンが含まれるため、

赤い色のワインになります。

berries

白ワインは白ブドウと呼ばれる川の白い葡萄を主に使用するため

白い色のワインとなるのです。

photo-1457280468258-28589fb67a93

ロゼワインは赤い色の葡萄を醸造することにより

ピンク色のワインになります。

赤ワインの歴史はかなり古く酒類の中でも最古の部類に入ります

最古のワインとして確認されているもので、石器時代の遺跡から

ワインを醸造した跡が見つかっています。

最初はイランやアルメニアなど中東付近でワインの醸造が始まり

その後、葡萄を作りやすい地方を中心にヨーロッパで作られるようになり

現在では西洋を中心に全世界で醸造されるようになりました。

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果②
赤ワインの成分表

100 gあたりの栄養価
エネルギー 356 kJ (85 kcal)
炭水化物
2.61 g
糖分 0.62 g
食物繊維 0 g
脂肪
0 g
飽和脂肪酸 0 g
一価不飽和脂肪酸 0 g
多価不飽和脂肪酸 0 g
タンパク質
0.07 g
ビタミン
ビタミンA相当量
β-カロテン
ルテインと
ゼアキサンチン
(0%) 0 μg
(0%) 1 μg
6 μg
チアミン (B1) (0%) 0.005 mg
リボフラビン (B2) (3%) 0.031 mg
ナイアシン (B3) (1%) 0.224 mg
パントテン酸 (B5)
(1%) 0.03 mg
ビタミンB6 (4%) 0.057 mg
葉酸 (B9) (0%) 1 μg
ビタミンB12 (0%) 0 μg
コリン (1%) 5.7 mg
ビタミンC (0%) 0 mg
ビタミンD (0%) 0 IU
ビタミンE (0%) 0 mg
ビタミンK (0%) 0.4 μg
ミネラル
カルシウム (1%) 8 mg
鉄分 (4%) 0.46 mg
マグネシウム (3%) 12 mg
マンガン (6%) 0.132 mg
セレン (0%) 0.2 μg
リン (3%) 23 mg
カリウム (3%) 127 mg
ナトリウム
(塩分の可能性あり) (0%) 4 mg
亜鉛 (1%) 0.14 mg
他の成分
水分 86.49 g
アルコール(エタノール)
10.6 g

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果③
赤ワインの成分「タンニン」とは

タンニン「ポリフェノール」って何?

タンニンってどんなイメージですか?

そうです、歯に付着する黄色いシミです。

緑茶や煎茶を良く飲むと歯の表面にタンニンが付着して

黄色くなるんです。これを落とすのって歯医者で歯のクリーニング

でもしないとなかなか落ちないんですよね。

これだけだとあまり良いイメージのないタンニンですが、実はダイエットに美容、健康に

凄い効果があるんです。

タンニンには殺菌作用や消臭作用があり虫歯や口臭を予防します。

また優れた抗酸化作用により生活習慣病の予防、

抗癌作用による癌の予防に役立つのです。

タンニンを多く含む食品や飲料
  • 抹茶
  • 煎茶
  • ウーロン茶
  • コーヒー
  • ビール
  • 栗の渋皮
  • 渋柿

何故赤ワインにだけタンニン「ポリフェノール」

なぜ、数ある酒類の中で赤ワインにだけタンニン「ポリフェノール」が

含まれているのでしょうか?

それは赤ワインと白ワインの製造方法の違いに隠されていたのです。

白ワインは醸造のさい葡萄の皮と種を取り除いてから果汁を絞り出して作ります

しかし赤ワインは黒葡萄や赤葡萄の種や皮を一緒に使って醸造するのです。

この黒葡萄や赤葡萄の種や皮の部分にタンニンが含まれているのです。

しかし醸造したばかりの赤ワインは渋すぎて飲めません、

これを長時間熟成させることによって口当たりがまろやかな美味しい

赤ワインになるのです。

stockvault-wine-rack164142

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果④
赤ワインの成分「タンニン」のダイエット効果

タンニンによる脂肪分解作用

タンニンには脂肪を分解する力があると言います

その仕組みとは、膵臓で作り出される消化酵素のリパーゼの働きが関係しています。

リパーゼとはコレステロールや中性脂肪を分解してくれる酵素です

タンニンは、このリパーゼに働きかけコレステロールや中性脂肪の分解を促進してくれるのです。

タンニンによる抗酸化作用

タンニンには優れた抗酸化作用があります、

これにより体の活性酸素を除去して痩せやすい体を作るのです。

2045179027-belly-2473_1920-vgm-1280x853-mm-100

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果⑤
赤ワインの成分「タンニン」の美容効果

タンニンによる毛穴の引き締め効果

タンニンには収れん効果と言うのがあります、

収れん効果とは引き締める効果の事です、

収れん効果により毛穴を引き締め肌の張りを良くして

シワやほうれい線などを消してくれるのです。

タンニンによる下痢の改善効果

タンニンにはお腹の調子を整える効果があります。

これにより下痢などを防ぎ、体の調子を改善してくれるのです。

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果⑥
「タンニン」摂りすぎても大丈夫?

タンニンの摂り過ぎで便秘。

タンニンには下痢を改善する効果がありますが、

摂取しすぎると便秘になってしまう恐れがあります。

 

赤ワインの成分タンニンの美容と健康ダイエット効果⑦
赤ワインの成分「タンニン」のまとめ

赤ワインの成分タンニンの効果について書いてきましたが、

このタンニン、渋みが強いワインほど多く含まれています。

要するに年代物であるほど渋みが強くタンニンを多く含むという事です。

肉料理などによく合う赤ワイン、この肉料理などで取りすぎた

コレステロールや脂肪をタンニンが分解してくれます、

料理と赤ワインを一緒に摂るという事=太りにくいという事です。

しかしアルコールの飲み過ぎは体に良くありません、

ほどほどでいきましょう。